税理士コラム | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

上野宜春公認会計士・税理士事務所ブログ

マカロン
2008.12.31

マカロン
今日のおやつ

20081231a.jpg
 最近マカロンって流行っているんでしょうか。どこのお菓子屋さんでも店頭に並んでいます。以前はこんなに目立たなっかたと思うのですが。私もお年賀用に購入しました。
ピエール・エルメにしようかと思いましたが、ピスタチオの緑色のが品切れで詰め合わせにしたときさびしいのでダロワイヨで購入しました。
 グリオットピスターシュはピスタチオの緑とサクランボのピンクがかわいくて、とても美味しいです。ピスタチオの香りとグリオットの酸味が鼻の奥の方で広がり、後から美味しさが感じられてきます。かわいくて美味しいマカロン、流行っているのがわかります。


Edition Koji Shimomura
2008.12.30

Edition Koji Shimomura
今日のランチ

20081230a.jpg
 今日は仕事納めです。ちょっと豪華なランチシリーズ今年のとりはミシュランガイド東京に新たに加わった二つ星レストランEdition Koji Shimomuraに行ってきました。南北線六本木一丁目駅と直結している六本木ティーキューブの一階に入っていて便利です。
20081230b.jpg
 店の間取りはちょっと不思議で、ビルの外面の窓側に厨房と個室を配置し、メインダイニングには窓がなく自然光はあまり入りません。店内はモノクロームでシンプルでありながら暖かみのある好ましいもの。狭さを感じさせないのは天井が高いせいでしょうか。
 ランチメニューは二皿構成の4,200円、三皿の6,300円、四皿の9,450円、シェフにお任せの13,650円で、平日限定の4,200円にしました。
20081230c.jpg
 アミューズはミニバーガー、中身は聞き忘れてしまいました。かわいいです。
20081230d.jpg
 パンはツブツブの入った、皮がパリパリの美味しいパンです。バターがないなあと思って周りのテーブルを見回すとみんなバターがありません。バターなしなんだとちょっとがっかりでした。後で知ったのですがたのめばもらえるみたいです。
20081230e.jpg
 前菜は三陸産の牡蠣、岩海苔と牡蠣のムース、レモンとライムのジュレ。運ばれてくると岩海苔のいい香りがテーブルに広がります。生牡蠣は苦い緑色のところがない大きいもの。この生牡蠣は以前、盛岡で食べたことがあり、とても美味しかった記憶があります。今日の料理は、牡蠣だけで食べるよりも美味しいです。いきなり和風かあと思いましたが、とても美味しいです。素晴らしい。
20081230f.jpg
 牡蠣は2個、見た目より皿が深いのでムースがいっぱい入ってます。
20081230g.jpg
 魚料理は的鯛のフリット、レモンのコンフィチュールとブロッコリーのソース。衣はトルコのカダイフという細い麺です。私は初めてですが、比較的ポピュラーな食材のようで、串揚げの衣にも使ったりするようです。細かいトリュフとパルメジャーノがふりかけてあります。サクサクでフワフワ、美味しい。
20081230h.jpg
 肉料理はマグレ鴨のグリエ、菊芋のペースト、蕪、自然薯のむかご。
20081230i.jpg
 ナイフを入れると切り口はきれいなピンク。普通に美味しいです。けっこう噛みごたえがありました。
デザートの前にチョコレートは苦手ではないですか?と聞かれました。もちろん大好きです。
20081230j.jpg
 グラスが最初に運ばれてきたので、口直しかなと思っていると、カカオの水ですとのこと。
20081230k.jpg
 次にチョコレートのガナッシュ、ちょっと小さいなあと思っていると、カカオのシャーベットのパウダーとオリーブオイルがかけられます。楽しい演出です。カカオの水を飲みながらいただきます。
20081230l.jpg
 小菓子は豆乳のムースにルバーブのジャムとむかごがのっています。ムースにはチョコレートがたっぷりかかっていて、どこが豆乳?という感じですがチョコレート好きなのでOKです。
20081230m.jpg
 どの料理もとても美味しいです。で、このお値段はお得です。また行きます。値上げしないで下さい。


ビストロ・ミュリエ
2008.12.28

ビストロ・ミュリエ
今日のランチ

 昨日、今日と風が強かったのですが、今日は暖かだったので薔薇の剪定と庭掃除をしました。お昼はいつものミュリエに行きました。昨日まで鹿肉があったのですが、今日は牛肉に変わっていました。店に行って聞いてみると、今日は一人前だけ残っていたのですが、おわってしまいましたのこと、ちょっと残念。でもメニューが更新されて新しい前菜になっていました。

前菜は、
・赤ピーマンのムース、エキストラバージンオイルの香り
・ノルウェーサーモンマリネのタルタル、サラダ添え
・人参のクリームスープ
・フランス産フォアグラソテーと大根の味噌赤ワインソース(+525円)
・豚足とドライトマトのチーズパン粉焼き(+525円)
の中から
20081228a.jpg
 赤ピーマンのムースは見た目もきれい、クリーミーで美味しいものです。
20081228b.jpg
 サーモンのタルタルはさっぱりして食べやすいけれど、ちょっと物足りない感じ。

メイン料理は、
・広島産牡蠣のポワレ、ケーパー入り焦がしバターソース
・玉ねぎのクリームソーススパゲッティー、生ハム添え
・ハッシュ・ド・ビーフのキノコクリームソース
・北海道産のホタテ貝柱のポワレ、ラビゴットソースレンコンのチップス添え(+630円)
・牛頬肉の赤ワイン、キノコ入りパイ包み焼き(+630円)
の中から
20081228c.jpg
 ハッシュ・ド・ビーフはイマイチかな普通という感じです。
20081228d.jpg
 牛頬肉のパイ包み焼きは思っていたものと違っていましたが、とてもかわいい料理でした。
20081228e.jpg
 パイを崩すと中は熱々のビーフシチューのような感じ、美味しいです。
20081228f.jpg
 デザートはぐるなびクーポンで盛り合わせにしてもらい、リンゴのシャーベット、フルーツ、ヨーグルトのムース、さつまいものタルトです。以前よりデザートが美味しくなりました。


オステルリースズキ
2008.12.26

オステルリースズキ
今日のランチ

20081226a.jpg
 赤坂の客先にいったので、以前から気になっていたオステルリースズキでお昼にしました。
20081226b.jpg
 いつも満員なので、なかなか入れなかったのですが、今日は入口の近くの狭い席でよければということでギリギリ入れました。
20081226c.jpg
 お店は地下にあるので明るくはありませんが、薄暗いというほどではなくいい感じかもしれません。店内は狭いのですが、意外に他のお客さんとの距離感が保たれている感じです。それから店が狭いわりにスタッフが多いなあと感じました。
20081226d.jpg
テーブルクロスは珍しく紺です。平日のみのクイックランチ1,575円にしました。魚または肉料理とデザート、お茶のセットです。
20081226e.jpg
 パンは丸いパンとローズマリーの平たいパンで塗るのはバターやオリーブオイルではありません。なんだか聞き忘れてしまいました。
20081226f.jpg
 魚料理はサーモンのパイ包み焼き カキのソース。パイの皮がパリッとしていい感じです。付け合わせも含めてボリュームもまあまあです。
20081226g.jpg
 肉料理は鹿肉の赤ワイン煮込み。肉の部位を聞かなかったのですが、四角く切ってある部分はちょっとぼそぼそした感じです。骨付きの部分はぼそぼそした感じはなく美味しかったです。
20081226h.jpg
 デザートはセルフサービスで10種類ほど用意された中から3種類を選びます。ホイップクリームがあったので、ガトーチョコラにもチーズケーキにもたっぷりかけました。
 料理と値段のバランスは良く手軽に食べられる店として事務所の近所にもこんな店があるといいなあと思いました。


クリスマスケーキ
2008.12.24

クリスマスケーキ
今日のおやつ

20081224v.jpg
 ナリサワで持ち帰り用のクリスマスケーキを作ってもらいました。どんなケーキにするかはお任せにしたのですが、カシスとフランボワーズが好きなことは伝えておきました。その日の仕入によって使う食材は変わるそうなので、どんなものになるかは出来上がってのお楽しみです。受付の女性によると、値段は食材によって変わりますが、3,000円で十分だと思います、ということでした。
20081224w.jpg
 家に帰って開けてみると、イチゴとマカロンをあしらったとてもかわいいケーキでした。透明の飾りは飴です。切るとびっくり、ピスタチオの入ったスポンジのベースにホワイトチョコレートのムース、カシスのジャム、フランボワーズのムースが層になっています。ムースの中にはカシスとフランボワーズが散りばめられています。美味しいです。デザートの美味しいレストランならば美味しいケーキが出来そうです。


レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
2008.12.24

レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
今日のランチ

20081224a.jpg
 今日はクリスマスイブです。で、今年1月に訪れて以来気に入っている南青山のレ・クレアシヨン・ド・ナリサワに行ってきました。気に入っていながらあまり来ていなかったのは、1月に来たときにあった4,500円のプリフィクスのコースがなくなってしまい、7,350円と12,600円のおまかせのコースになってなんとなくお得感がなくなってしまったのと、4,500円のときでもとてもお腹がいっぱいになったので、高くなったらどんなにいっぱい出てくるのだろう、食べきれないのではないかと心配だったからです。でも高くなったからといって必ずしも量が増えるわけではなく、高級食材を使うとか手の込んだ料理が出るとかするわけなので、奮発して行ってきました。ミシュラン東京2009でも2008と変わらず一つ星が付いています。
 ソニーコンピュータの横は風の通り道になっているようで前回同様今日も風が吹いています。
20081224b.jpg
 案内された席は窓際の明るい席で、窓を背にして店内方向を向いて座ります。お店の名前が刻まれたガラス板がおかれているのも、薄いグラスも変わっていません。モノトーンでありながら冷たくならない店内は相変わらず落ち着いた感じです。席に座ると飲み物を聞かれ、ペリエをたのみました。
20081224c.jpg
 今回もアミューズのめひかりのフリットから始まりです。前回はカレー風味でしたが今回は柚子胡椒です。
20081224d.jpg
 ここでメニューが出てきました。そういえばまだコースを決めていませんでした。
20081224e.jpg
 前菜かと思っていたら、これもアミューズでした。さわらを小さなストーブに入れてさくらのチップで瞬間スモークしたもの。温かいうちにと思ったら、生でした。ちょっとしたサプライズ、わずかに燻製の香りする厚切りのお刺身です。
20081224f.jpg
 もう一つのアミューズは採れたてのラディッシュ、土の付いたままどうぞ。といっても本物の土ではありません。なんだかわかりませんでした。
20081224g.jpg
 パンはバゲット、フォカッチャ、パンドカンパーニュ、バゲットのような形の甘いパンの4種類が出てきました。前回より種類が増えました。
20081224h.jpg
 植木鉢に入っているのはバターです。土はラディッシュに付いていたのと同じものでしょう。パンにはオリーブオイルよりバターのほうが美味しいと思います。
20081224i.jpg
 前菜は「セント・ベジタブル・デー 山と大地の収穫に感謝」35種類の野菜のサラダの中にフォアグラのポワレが隠れています。
20081224j.jpg
 初めて見る根菜やいろいろな野菜がカラフルで、フォアグラと一緒に食べるとしつこさが緩和されます。見た目より量が多いのはガラスのお皿が大きいせい?
20081224k.jpg
 もう一つの前菜は「トスカーナ クラウディオ・コレクション」黒キャベツの入ったラビオリに小イカ、ホタテ、菜の花のソースです。盛り付け、彩りは、ちょっと春っぽい感じです。塩味と微妙にクリーミーな味が重なって一口ごとに美味しくなってきます。
20081224l.jpg
 魚料理は「純白」サ-ブされたときはほんとに真っ白で驚きます。柚子をすり下ろしてかけます。真鯛のポワレにブランダードと牛乳のカプチーノ仕立てです。
20081224m.jpg
 ブランダードは魚のすり身だそうです。初めて見る料理です。カプチーノのように泡立った真っ白なソースがたっぷりかかって真鯛のプリプリ感と合わさってとても美味しかってです。皿の底にはネギを中心としたソースが敷いてあってこれがまた美味しい。これはソースかスープか。
20081224n.jpg
 パンのおかわりもいろいろときますが、美味しいからといってガンガン食べると後が大変です。
20081224o.jpg
 肉料理は「山からの贈り物」蝦夷仔鹿のグリエ、赤ワインソースです。付け合わせは椎茸、舞茸、西洋牛蒡、白いのはジャガイモとニンニクのピュレです。このピュレ、ちょっとワサビのようなスーッとする感じで面白い味です。
20081224p.jpg
 ピンクの切り口は見るからに美味しいそうです。柔らかくて甘いソースとの相性はもちろん、塩だけでもいけます。鹿は美味しくて大好きです。
20081224q.jpg
 小さなデザートはバラの香りのパンナコッタ、チョコレートといちごのグラスです。チョコレートが苦くて大人のデザートという感じです。
20081224r.jpg
 デザートは「冬の甘い香り」クリスマス・イブということでいちごのサンタと、ナッツでリースが描かれています。ラムレーズンのアイスクリームと生クリームをメレンゲではさみ、温かいモンブランのクリームをかけたデザートです。冷たくて温かいクリスマスにぴったりのデザートです。
20081224s.jpg
 もう、お腹いっぱいです。しかし、甘いもの攻撃はここからが本番とばかりにワゴンで小菓子が運ばれてきます。ここは、堂々と受けて立つのが礼儀と思い、全品一通り頂きました。
20081224t.jpg
 テーブルの上はお菓子だらけです。どれも美味しいのですが、特に美味しかったのは白いマカロンで中身は何かわからないのですが香辛料ぽい感じです。レモンタルトとフレジェも美味しいです。
20081224u.jpg
 値段が上がってもこれだけ出るとコストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。いや、どれも美味しいし、サプライズも用意されていて大満足です。ランチとしてはちょっと高いけれど、何かの記念日には奮発したいレストランです。
 実は小菓子は食べきれなくて包んでもらいました。ごちそうさまでした。また来ます。


ファロ資生堂
2008.12.18

レストラン ファロ資生堂
今日のランチ

20081218a.jpg
 銀座8丁目、資生堂ビルの10階にあるイタリアンレストラン FAROに行ってきました。ミシュラン東京2009で新たに一つ星に加わったレストランです。当日、予約の電話を入れ、運良く空いていましたが、すぐに満席になりました。入口から2番目の席だったのでラスト2席だったのかもしれません。
20081218b.jpg
 資生堂の椿がデザインされたお皿は一つずつ違っていてかわいいです。ランチメニューは2,800円のMenu Porto、3,800円のMenu Faro、8,000円のシェフの特別メニューがあります。平日限定のMenu Portoにしました。前菜又はスープの中からひとつ、パスタの中からひとつ、ワゴンサービスのドルチェとお茶が付きます。
20081218c.jpg
 前菜とスープは
マテ貝とムール貝のグラティナート 香草バターとトマトソース、
鴨胸肉の燻製とリンゴのサラダ 赤ピーマンのムースとタプナード、
本日のスープ、
季節野菜の温かな盛り合わせ 爽やかなレモンオイルで、
の中からの選択
20081218e.jpg
 マテ貝は細長くてちょっと不気味な感じ、味のほうもちょっとという感じ。
20081218d.jpg
 鴨肉はピンクの切り口が見るからにおいしそう。
 パスタは
スパゲッティ ローマ風カルボナーラ、
自家製フェットチーネ 生ハムとマッシュルームのクリームソース、
茄子のラビオリ タイム風味 海老とフレッシュトマトソース、
そば粉のピッツォケッリ キャベツとイカの香草風味、
ズワイ蟹のスパゲッティ トマトソース
の中から。
20081218f.jpg
 フェットチーネのクリームソースはほんとうにクリームたっぷりでおいしいです。
20081218g.jpg
 そば粉のピッツォケッリは舌を噛みそうな名前の太い麺で、ちょっと柔らかすぎ、そばは難しいですね。
20081218h.jpg
 デザートはワゴンサービスで好きなものを好きなだけ、といってもどれが美味しいかわからないので、ひととおりもらうことにしました。イチゴのショートケーキ、サヴァラン、洋なしのムース、ティラミス、パンナコッタ、プリン、アプリコットのタルト、フルーツサラダ。ちょっとずつ全部です。フレジェが一番美味しかったかな。
20081218i.jpg
 窓からマリオン方面が見渡せる明るく天井の高い店内に、マネージャーを始めにこやかなスタッフのサービスにくつろいで食事をすることができます。料理は普通に美味しいという感じですが、料理、空間、サービスを考慮するとこの価格はお得なのではと思います。


キャーヴ・ド・ひらまつ
2008.12.16

キャーヴ・ド・ひらまつ
今日のランチ

20081216a.jpg
 お得な値段設定で休日は先まで予約でいっぱいのキャーヴ・ド・ひらまつに行ってきました。地下鉄の広尾駅からやや歩きます。ひらまつ系のレストランはこの周辺に多いです。入口はお城風で階段を上がると2階のフロントに付きます。ここから3階のダイニングにはエレベータあがります。エレベータの周りを螺旋階段が取り囲んでいるところはロオージエと同じ。
20081216b.jpg
 店内は明るくゆったりとして、カジュアルな感じの籐の椅子がマッチしてます。プリフィクスのランチメニューは前菜、魚料理または肉料理、デザートの2,500円のコースと前菜、魚料理、肉料理、デザートの3,500円のコースがあります。ディナーコースや他のメニューも事前に頼んでおけばお昼に食べられます。2,500円のコースにしました。
20081216c.jpg
 アミューズはチーズのムース?とオリーブのガレット?忘れてしまいました。
20081216d.jpg
 パンはツブツブが入って皮がサクッとしたもの。
20081216e.jpg
 バターは無塩と有塩をテーブルでガラスの板に取り分けてくれます。
 前菜は
サーモンマリネのトランシュ オレンジのエッセンスとハーブのオイル
帆立貝のポワレ 大麦のリゾット
カボチャのポタージュ へーゼルナッツのフォンダン
の中から選択です。
20081216f.jpg
 サーモン盛り付けは春っぽい感じ、野菜が美味しくてヤングコーンも家で食べるのとは全く違う味です。オリーブオイルも美味しいです。
20081216g.jpg
 帆立貝の上にのっているのはアンディーブでネギではありません。帆立の火の入り具合が絶妙でとても美味しいです。
 魚または肉料理は
黒ソイのポシェ、京人参のピュレ
牛肉のソテー オニオンキャラメリゼのフラン マスタードソース
豚ロース肉の備長炭焼き レモンのコンフィチュール 赤ワインソース
の中から。
20081216h.jpg
 牛肉は普通に美味しい味、むしろ付け合わせのオニオンキャラメリゼのフランがとても美味しかった。
20081216i.jpg
 豚肉は炭火で焼いた香ばしさがとても美味でソースとも良く合います。
 デザートの盛り付けは、アートっぽくてとてもきれいです。
蜂蜜のクレーム・グラッセ 黒米のミルク煮
オリーヴオイルのアイスクリームとベリーのサラダ
プラリネ・バナナのフィユテ ヴァニラアイスクリーム
の中から選択です。
20081216j.jpg
 ベリーのサラダは川を花が流れていく感じでしょうか。アイスクリームにオリーブオイルをかけてくれます。
20081216k.jpg
 こちらは無花果やナッツが散らしてあって、ヴァニラアイスクリームは市販のアイスクリームと違いとても美味しいです。
20081216l.jpg
 お茶と小菓子も付いてこの値段でいいの?という感じです。ケーキセットだけでもこのぐらいするところがありますよね。
20081216m.jpg
 今後のレストラン選びはひらまつが基準となり難しくなってしまいます。また来ますから、値上げしないでください。


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!