税理士コラム | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

上野宜春公認会計士・税理士事務所ブログ

エメ・ヴィベール
2009.03.20

今日のランチ
エメ・ヴィベール

20090320a.jpg
 今日は妻の誕生日なので、ちょっと豪華なレストランへ行ってきました。番町にあるエメ・ヴィベールという一軒家の二つ星レストランです。麹町からも、市ヶ谷からも近くですが、休日のせいかとても静かです。
20090320b.jpg
 メインダイニングは明るく広々としいて、テーブル配置も余裕があって落ち着いて食事が出来ます。
ランチコースは5,250円のMenuAと8,400円のMenuBがあり、Aにしました。
Amuse-bouche一口のお愉しみ
Entrées前菜
Soupesスープ
Poissons ou Viandes魚料理 又は 肉料理
Avant Desserts一口のデザート
Dessertsデザート
Mignardises et Café ou Thé小菓子とコーヒー又は紅茶
という構成です。
20090320c.jpg
 アミューズは根セロリのピューレに小海老と根セロリのフリット、オリーブオイルが点々となっています。腹ペコのときはアミューズがほんとにうれしいです。美味しくてお腹もひとまず落ち着きます。
前菜は
トラウトサーモンのマリネとコリアンダー風味の各種野菜
焼きたてのパイ生地とグリーンアスパラガス 二種のソース
温か~いタラバ蟹のフランと三種の野菜
ランド産鴨のフォワグラのポワレ サラダ添え
の中から選びます。
20090320d.jpg
 普通っぽいかなと思いながら選んだフォアグラは、予想に反し、濃厚なバルサミコソースが
普通ではない美味しさでビックリ、りんごのピューレも爽やかです。サラダの焼いたとうもろこしもあれっという感じです。
20090320e.jpg
 季節の野菜グリーンアスパラをパイで挟んだカワイイ一皿。アスパラガスのピューレとサバイヨンソースの色もきれいです。立派なアスパラガスは筋っぽさが無く、柔らかいのに歯ごたえがある、家では出来ない茹で加減です。
20090320f.jpg
 パンは表面はパリパリではなくサクサク、中はモチモチという感じ、硬いけれども食べやすく、口の中に刺さってしまうような危険はありません。後から同じ食感の雑穀が入っているパンも出てきました。バターは普通な感じでした。
スープは
甲殻類のコンソメジュレ
温か~いブロッコリーのブルテ
から選びます。
20090320g.jpg
 ブロッコリーのブルテは、カプチーノ仕立てのブロッコリーのスープの下にポワロねぎのロワイヤルが隠れています。下の方からすくい上げて、ガブッといったらとても熱かったです。これも濃厚で、がつんと来ます。
20090320h.jpg
 コンソメジュレは冷たいジュレときぬさや、ブロッコリー、スナップエンドウのピューレとの二層仕立てで、スープというより前菜という感じです。甲殻類の出汁がきいています。
メインは魚料理か肉料理を選びます。
魚料理は
天然・真鯛のグリエ オレンジ風味のアンディーブとトマトのはいったソース
ヒラスズキのポワレとクルトン 赤ワインソース
肉料理は
キュイス・ド・パンタード(ホロホロ鶏の股肉)のロースト シンプルなジュ
仔羊のココット焼きと各種野菜のグラッセ
国産牛ヒレ肉のポワレ エストラゴン風味のソース(プラス ¥1,050)
というラインアップ。
20090320i.jpg
 ホロホロ鶏は骨付きの股肉でほうれん草を巻き込んで、盛り付けもワイルドな感じです。付け合わせは荒いマッシュポテト、ワサビっぽい風味はニンニクらしいのですが、ニンニクも添えてあります。
20090320j.jpg
 きれいなピンクの肉、これもけっこう濃厚です。ホロホロ鶏は淡白なイメージがあったのですが、そうでもないです。調理の仕方によるのかもしれません。ソースも濃厚で美味しいです。ニンニクはやらやらですが、ニンニクの味が残っています。食後にニンニク臭さが残らないのは不思議です。
20090320k.jpg
 仔羊はいろいろな野菜の付け合わせと、中にニンニクのピューレが入った小さなコロッケがカワイイ。
20090320l.jpg
 仔羊の肉はとても軟らかく、わずかに羊肉の臭みが残っているところが羊を食べている実感が味わえるところかもしれません。
20090320m.jpg
 小さなデザートは、アマレットとマンゴーのムース。意外に爽やかで口直しという感じ。
デザートは
ラム酒風味のサバランとピーカンナッツのパルフェ グランマニエのソース
クレメ・ダンジューとパッションフルーツのジュレ コニャックのアイスクリーム
野いちごとチョコレートのタルト ヨーグルトのソルベ
アイスクリームとシャーベット盛り合わせ(プラス ¥1,050)
の中から。
20090320n.jpg
 チョコレートのタルトは切ると中から温かいチョコレートがトロリと流れ出すフォンダンショコラ。ラズベリーの酸っぱさが良く合います。添えてあるチョコレートムースはほろ苦い大人の味です。
20090320o.jpg
 クレメ・ダンジューはアンジュー地方のクリーム菓子というイメージだそうです。パッションフルーツのソースの中に細かく刻んだピスタチオとイチゴが入って美味しい酸っぱさです。
デザートの後は、庭を散策。店名になっているエメ・ヴィベールという薔薇は7月頃咲くそうです。
20090320q.jpg
お茶は階段を上がって2階でもらいました。ここも静かで落ち着く部屋です。
20090320p.jpg
 値段はちょっと高めだけれど、内容を考えるとお得に感じます。広くてゆったりとしていて、お祝いのときは奮発したいお店です。薔薇の咲いた庭も見てみたいです。


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!