税理士コラム | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

工藤会計事務所ブログ

申告で忙しすぎて・・・
2010.05.27

ぼーとしてます。

 


サッカー日本代表と政治の世界の日本代表
2010.05.24

こんばんわ

 

7歳の息子がサッカー好きなので、韓国戦を観戦しました。

 

素直な感想としては「まるで何処を見ているかわからない」でした。

同じ日本代表の選手でも、Jリーグで活躍しているときのほうが光っている感じがします。

 

何かに似ている・・・そう総理大臣でした。

野党として戦っているときのほうが光っていたなと感じます。

 

何故なんだろう? と思った瞬間これだと思いました。

それは今の日本が理由にこだわりすぎているということ。

 

勝った理由、負けた理由、売れる理由、売れない理由

なぜ、なぜ、なぜ って うるさーい!だから、なぜがつく本ばかりが目に付いてしまう。

理由なんか関係なくみんな頑張ってたときあったでしょ、

買った理由も負けた理由もただ一つですよ。

「強くなりたいから」でしょ。 勝たないと強くもなれないし、負けないと強くもなれないから。

 

私も明日からまた仕事頑張ります。 強くなるために


本末転倒
2010.05.21

おはようございます。

 

今の日本の政治や経済、何かおかしいのではないか。

そう考えている方は非常に多いのではないでしょうか。

 

「本末転倒」とはご存知の通り、根本の大切なことと末端のこととが反対になることです。

「本末」は物事の根本と枝葉のことを言います。

 

今の政治や経済を考えたとき、何故かこの言葉が離れません。

物事のスピードが速くなったせいなのか、ヒトのせいなのか、根本(伝統や家族)を大切にするのではなく、枝葉(手法や個人)がもてはやされ、しまいには桜花(ネット営業や日々の支持率など)が咲き乱れているのではないかと感じます。

枝葉で約半年、桜花は数週間・・・繰り返し・・・繰り返し

 

根っこを大切にして、懐の広い税理士になれるようにがんばります。

 

 

 

 


そうだ!ピーター・ドラッカーに聞こう。コミュニケーションの本質
2010.05.19

こんばんわ

 

最近コミュニケーションが重要だと、色々特集されていますが、今日はドラッカーの言う「コミュニケーション」とは何か!に触れようと思います。

 

ドラッカーさんはコミュニケーションには4つの原理があるといいます。

 

1.コミュニケーションを成立させるのは「話し手」ではなく「受け手」であること。

2.人は知りたい、感じたいと期待しているものだけを知覚すること。

3.「話し手」は常に「受け手」に対し何かを要求すること。

4.コミュニケーションと情報は別物であり、依存しあっているということ。

 

非常に深くて、多少分かりずらいのですが、自分も色々アンテナを張って、各方面の方々からお考えを聞いていくしかないのかなと感じました。

 

 


ゆがんだ組織を立て直す! 経営の本質を見つめるROE
2010.05.18

みなさんお元気ですか。

 

ROEはご存知のとおり 税引き後の利益を自己資本で割った数値ですが、

このROEは非常に重要です。

なぜなら借入金がなくこの数値が安定している場合(私は10%位が理想と考えます。)

その会社は未来永劫安泰だからです。

ではなぜ、現実の組織とリンクするのでしょうか。

 

それは組織のバランスが崩れた場合、間違いなくこの数値が「ブレル」からです。

<例 IT関連企業 従業員10名>

 1.従業員が辞めた←人件費が減少することにより短期的にROEはUPします。

 2.残された人のモチベーション低下←ヒトの問題なので、見た目の数値には影響しません。

 3.サービスの低下により売り上げが減少←収益が減少することによりROEは減少します。

これは「たとえ」ですが、組織のバランスが崩れると多かれ少なかれこのような状況が発生すると考えられます。 短期的とはいえブレているのは一目瞭然です。

 組織がゆがんでしまったかな と感じたら、組織図とROEとにらめっこしてはいかがですか。

 長期安定組織を目指しましょう! では

 

 

 


疲れたココロの究極サプリメント
2010.05.17

疲れたときにちょうどいい物を見つけました。

 

ピアノによるJ-POPです。

 

J-POPの名作をピアノで演奏しています。

 

思わず鼻歌が出てしまう、そんな感じです。

みなさん5月申告はばっちりですか?


想像を超えるスケールにため息が出ました。
2010.05.13

はじめまして。 工藤会計事務所です。

 

そのスケールの正体は「東京スカイツリー」です。

徐々に注目度がアップしましてますね。

晴れた日にでも、都営浅草線の押上 A2 の出口から出て見てみてください。

そのスケールに驚くと思います。

あれも人間が作っているのですよね。

私も頑張ります。

 

 


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!