「美容室 開業資金が足りない」 ご紹介事例 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

美容業に詳しい税理士の紹介実績NO.1!
税理士 紹介ビスカス美容業に詳しい税理士紹介 > 美容室 開業資金が足りない
美容室を開業準備をし始め、資金繰りに困っていました。
その時に、資金に関しても今後の経理に関しても、税理士
の先生に見てもらうのがベストだと教えて貰いました。
そこで、ビスカスさんに先生を紹介して貰いました。
こだわった結果
専門学校を卒業後、美容室に就職しまして10数年、店長として店舗を任されるまでステップアップしました。
独立に必要な技術や知識は習得していましたし、接客に関しても自信がありましたので、自分の理想のお店を持とうと決断して美容室を退職しました。
店舗は理想的な場所を見つけることができましたので、店舗の内装などにもこだわったお店にしようとしていたのですが、すべて納得のいくものにしようとすると予想以上の出費になってしまう事が発覚しました。
就職してから得た給料の中からコツコツと貯めてはいたので、それなりに開業資金は集めていたつもりだったのですが、色々とこだわると全然足りない状態になっていました。
内装面を妥協すれば足りるのですが、なかなか納得のいく妥協点が見えてこないままズルズルと時間が過ぎてしまいました・・・
友人の勧めで
自分ひとりで悩んでいても答えは出ませんでしたし、早く準備をしなくてはお店のオープンが間に合わなくても、家賃は発生してしましますのでかなり焦っていました。
そこで飲食店を経営している友人に相談したところ、今回の資金に関しても、今後の経理に関しても税理士の先生に見てもらうのがベストだと教えてもらいました。
友人の飲食店を見ている税理士の先生に頼もうかと最初は思いましたが、私の店と先生の事務所はかなり距離があった為、訪問して頂くには少々難しそうでした。
友人は税理士紹介サービスにて、現在の先生を紹介して頂いたそうなので、私もそちらで税理士の先生の紹介を頼んでみる事にしました。
融資ができれば
何人かの税理士の先生と面談をさせて頂いた中で、銀行交渉に自信を持っている先生が非常に印象に残りました。
提示された顧問料は一番高かったのですが、内装をもっと妥協しましょうと言う税理士の先生達の中で、唯一妥協せずに開業しましょうと言って頂けたのでお願いする事にしました。
まず、事業計画書を一緒に作っていただきまして、先生も同行して銀行に来て頂きました。
難航した部分もありましたが、最終的に内装費用の借入をできるようにしていただきました。
後回しにしてしまっていた税務署への提出書類の作成もサポートしていただけました。
また、お金の管理方法などの経営の基本を細かく教えてもらいました。

美容室への税理士ご紹介の事例
美容室 開業の不安
エステサロン 会計ソフト対応の先生
美容室 開業資金が足りない
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!