「個人と法人、株をやるならどっちが得?」お役立ち税金・税法コラム | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス  > お役立ち税金・税法コラム  > 個人と法人、株をやるならどっちが得?

お役立ち税金・税法コラム

14
個人と法人、株をやるならどっちが得?
右肩上がりの日本株、買い時はいつ?
“ゴールデンウィーク前は株価が下がる” と、いわれているのを聞いたことがありますか?
株式市場はカレンダー通りにお休みします。
休み中に悪い材料が出てきても、すぐに売却することはできません。
ならば、GW前に一度、手仕舞いしちゃおうと考える投資家が多いからだそうです。

そこで、過去の日経平均株価を調べてみました。
GW前に株価を下げ、明けに上昇したのは過去12年中6回。
半分の確率ですね。

しかし、2010年以外の全ての年で、年内にGW前の日経平均を上回る日がきています。
右肩上がりで高値更新が続き、買いのタイミングがむずかしい今年。
底値買いとはいかなくても、GW前は数少ない買いのチャンスになるかもしれません。


個人口座と法人口座、株式取引で有利なのはどっち?
経営者の中には、株をやるなら個人口座と法人口座、どちらが得だろうと
考えた方ことがある方もいるのではないでしょうか。

税金面を比べると、断然個人がお得です。
個人の株取引は一律して10%しか税金がかかりませんが、 法人は株の利益と本業の利益を合わせて計算するので、約40%の実効税率が課税されます。

しかも法人口座は証券会社から『年間取引報告書』が発行されないので、 自分で1年間の取引内容と損益をまとめる必要があり面倒です。


法人口座はまったくメリットがないの?
では法人口座には何のメリットもないかというと、そんなこともありません。
株で利益を上げれば本業の欠損金を補えますし、
逆に本業がプラス、株がマイナスの時には相殺して節税することができます。

もうひとつ。
法人口座なら、本業の利益と相殺しきれなかった損失を7年間繰り越すことができます
個人は3年間なので、この点は法人の方が有利です。

個人口座と法人口座。
事業と投資のバランスをみて、より得する方を選択してくださいね!

個人口座と法人口座の比較

※株式取引の配当・売買益等は平成26年1月から20%になります。
※別途、復興特別所得税が上乗せされます。
バックナンバー