会社設立時のポイント | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 会社設立 > 会社設立のポイント

これだけは押さえておこう!会社設立時のポイント
【ポイント1】 消費税と資本金
当初から事業拡大を目指されている場合は別ですが、資本金を1000万以上にするか未満にするかで、消費税は大きく変わってきます。 資本金1000万で作ろうとお考えの方は、消費税のことも考慮しましょう。
【ポイント2】 決算期の決め方
消費税の免税期間は2期です。つまり最大24カ月ということになります。 例えば9月に会社を設立した場合、決算期を8月に設定するとまるまる2期(24カ月間)の免税が受けられます。 (*決算月の設定は、一般的に3月が多いイメージがありますが、何月でも結構です) 決算期の決定に関しては、会社の繁忙期を避けたり資金が回りやすい時期など、自社のメリットを考えて税理士さんと相談しましょう。
【ポイント3】 青色申告承認申請書
会社設立後、3カ月以内(もしくは第一期の事業年度終了の日)に青色申告承認申請書を提出すると、いろいろ特典があります。
提出することによって、任意ですが赤字を7年間繰り越すことができます。
設立当初は、初期投資がかかってしまうなど、なかなか利益が出ないものですから、次年度以降利益が出た場合に赤字を相殺できるというメリットは大きいはずです。
その他にもいろいろとメリットがありますので、必ず青色申告承認申請書を提出することをおすすめします。
他にも役員給与をいくらにするのか、事業計画書をどのようにつくるのか、融資の受け方など考えなくてはならないことがたくさんあります。こういった事項は専門家へ相談するのが確実です。
お問い合わせはこちらから!