定款とは | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 会社設立 > 定款とは

定款ってどういうもの?
定款の作成
定款とは会社の組織や運営方法、資本金など会社の基本的なルールを定めた「会社の憲法」と呼ばれるとても重要なものです。株式会社を設立する場合には必ず作成します。
定款は発起人により作成され、署名、捺印をして、公証役場の認証を受けなければなりません。
会社設立時に作成された定款を「原始定款」と言い、設立の登記をする際に必要になります。
電子定款とは?
従来のように定款を書面で作成すると、4万円の収入印紙を貼らなくてはなりません。
しかし定款を書面ではなく電子文書として作成した場合は収入印紙を貼る必要がありません。
ただし、電子文書で定款を作るには電子証明書の発行を受けたり、特別なソフトの購入費用として別途、約10万円を負担することになります。
個人の方で電子文書の定款を作成するのはあまり現実的ではないでしょう。
定款の認証とは?
定款は、作成しただけでは法律的に効力を持つ書類とは認められません。
従って、定款を作成した後、法的効果のある書類にするために「認証」という手続きが必要になります。
手続きは公証役場で行いますが、どこの公証役場でもいいわけではありません。
本店所在地を管轄する公証役場へ行きましょう。
お問い合わせはこちらから!