役場などに提出する書類 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 会社設立 > 役所等に提出する書類

設立後の 提出書類は?
役場などに提出する書類
税務署に提出する以外にも、様々な提出書類があります。
状況によって必要な提出書類は変わりますので、担当の役所に確認をとるか、または専門家に相談しましょう。
都道府県税事務所に提出する書類
①「法人設立届出書」
法人を設立したことを本店や事務所、事業所のある都道府県に提出します。 都道府県によって多少名称が違っていて東京都の場合は「事業開始等申告書」です。 提出の窓口は都税事務所、県税事務所、など都道府県の税金を扱う機関です。 提出期限は設立日から1ヶ月以内(東京都の場合は15日以内)です。
市町村役場に提出する書類
①「法人設立届出書」
本店や事務所、事業所のある市町村に対してこちらを提出します。 提出の窓口は市町村の役場です。提出期限は設立日から1ヶ月以内ですが、 東京都23区の場合は区役所への届け出は不要です。
社会保険事務所に提出する書類
①「健康保険・厚生年金保険新規適用届」
②「新規適用事業所現況届」
③「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」
④「健康保険被扶養者(異動)届」
⑤「健康保険・厚生年金保険保険料納入告知書送付(変更)依頼書」
健康保険と厚生年金保険を併せて社会保険といい、株式会社は加入が義務付けられています。
加入する際に上記の書類を提出します。
労働基準監督署、公共職業安定所(ハローワーク)に提出する書類
労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険を併せて労働保険といい、 農業や水産業の一部の事業を除き、労働者(社員、アルバイト、パートなど)を一人でも雇用した場合は加入が義務付けられています。
都道府県税事務所に提出する書類
①労働基準獲得所への提出書類
「労働保険保険関係成立届」
「労働保険概算保険料申告書」
「就業規則届(従業員が10人以上の場合)」
②公共職業安定所(ハローワーク)への提出書類
「雇用保険事業設置届」
「雇用保険被保険者資格取得届」
「労働保険保険関係成立届の控え」
お問い合わせはこちらから!