所得控除の計算(3) │ 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 確定申告 > 確定申告書の書き方 > 所得から差引かれる金額(所得控除)(3)

確定申告

最新の情報は国税庁のホームページをご覧ください。

所得から差し引かれる金額(所得控除)(3)

雑損控除

災害や盗難、横領により住宅・家財などに損害を受けた場合、または災害関連支出(災害により住宅家財の取り壊しや除去を行うための支出)をした場合に受けられる控除です。
雑損控除額は以下の計算式で求められます。

雑損控除の計算式

・災害関連支出-5万円
・損害金額(含む災害関連支出)
  -保険金などで補てんされる金額-(第一表⑤+退職所得金額)×0.1
雑損控除=上記のうちどちらか多い方の金額

第一表

「17:雑損控除」
上記の計算で求めた雑損控除額を記入します。

「17:雑損控除」

第二表

「17:雑損控除」欄に該当事項を記入します。

「17:雑損控除」

医療費控除

支払った医療費が、一定の金額を超えている場合に受けられる控除です。
医療費控除額は次の計算で求められます。

医療費控除額の計算式

医療費控除額=支払った医療費の総額-保険金などで補填される金額-10万円
(「第一票5欄+退職所得金額」が200万円以下の場合は、 10万円ではなく「第一票5欄+退職所得金額」の5%を引く)

第一表

「18:医療費控除」
上の式で求めた医療費控除額を記入します

「18:医療費控除」

第二表

「18:医療費控除除」欄に、支払った医療費の合計、保険金などで補てんされる金額を記入します。

「18:医療費控除除」

寄付金控除

国や地方公共団体、社会福祉法人に寄付を行った場合などに受けられる控除です。
寄付金控除額は以下の計算で求められます。

寄付金控除の計算式

・寄付金の合計
・(第一表5欄+退職所得金額)×0.4
寄付金控除額=上記のうちいずれか少ない方の金額-5000円

第一表

「19:寄付金控除」
上の式で求めた寄付金控除額を記入します。

「19:寄付金控除」

第二表

「19:寄付金控除」欄に、寄付先の所在地・名称、寄付金の合計、寄付金のうち都道府県等への寄付金の合計を記入します。

「19:寄付金控除」

合計

これまで計算・記入した所得控除額を合計します。

第一表

「20:合計(16+17+18+19)」
「16:6~15までの計」~「19:寄付金控除」までの金額の合計を記入します。

「20:合計(16+17+18+19)」

|

確定申告のご相談はこちら

メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!