会社設立と均等割  | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金情報 > 会社登記・設立・開業関係 > 会社設立と均等割

税金情報

会社設立と均等割

いつも、ありがとうございます

毎日、暑いですね

お元気ですか?


今回は、会社設立と均等割です

法人住民税には

赤字でも黒字でも払わないといけない

均等割があります

小さな会社の場合

大阪市は、5万円で、

大阪府は、2万円です


これは、12ヶ月の場合ですので

7月末決算の会社を8月1日に

設立すると、合計7万円です


ところが、8月2日に設立すると

端数切り捨てのため

11ヶ月分でいいので

7万円の12分の11となります


設立日は、法務局に申請した日ですから

8月1日に申請すると

8月1日設立となります


午前中に出しても、午後に出しても

同じです

この場合、午後に申請したとしても

8月1日に申請した場合

均等割は、まるまる1年分となります

2008年07月23日  税理士:中島成和

Yahoo!ブックマークに登録  グーグルブックマーク  はてなブックマーク  ライブドアクリップ 

|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!