保険に関する税金対策法 Q&A  | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金情報 > 生命保険・傷害保険 > 保険に関する税金対策法 Q&A

税金情報

保険に関する税金対策法 Q&A

1.保険金を受け取るのにも税金がかかるって本当?保険金といっても、死亡保険金、満期保険金、損害保険等々といろいろありますが、税金がかかる保険はどの種類ですか。

原則として、死亡保険金、満期保険金には課税されますが、建物等の資産の損害に対してのものや、身体の障害を原因として支払われる保険金には課税されません。
ただその性質や、受取人によって色々な控除の特典があったり、所得の区分が変わったりして税金を軽減または免除してくれる場合があります。

2.死亡保険金にしても満期保険金にしても、保険契約者や受取人が誰であるかによって、税金の種類や金額が全然違ってくるようです。
保険契約者や受取人を誰にするかによって税金はかなり違う事があります。一般的に、相続税の負担が一番軽く、ついで所得税、贈与税と言う順番になっています。

3.「個人年金保険に入るなら、契約者=年金受取人が基本よ」と知人に注意されたのですが、それはいったいどういうことなのでしょう?
年金の受取人が本人以外だと、贈与ということになり税金をより多く払うことになるかのどちらかです。
例えば、夫が480万円を支払い、妻が500万円の年金をもらうと、税金負担の重い贈与税が103万円となりますが、夫本人がもらうと税金は数万円以下ということもあります。
ちなみに、年金支払開始前であれば、受取人は何時でも変えられますから、不都合があればご検討ください。

2006年11月16日  公認会計士・税理士:遠山秀幸

Yahoo!ブックマークに登録  グーグルブックマーク  はてなブックマーク  ライブドアクリップ 

|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!