不動産賃貸業のちょっとした節税対策【所得税 確定申告情報 節税対策】  | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金情報 > 所得税相続税・資産税・贈与税確定申告節税 > 不動産賃貸業のちょっとした節税対策【所得税 確定申告情報 節税対策】

税金情報

不動産賃貸業のちょっとした節税対策【所得税 確定申告情報 節税対策】

不動産賃貸業のちょっとした節税対策【所得税 確定申告情報 節税対策】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

今日は、不動産賃貸業のちょっとした節税対策を
ご紹介させていただきます。

先日とある確定申告相談会に出席していて気付いたことですが
相続税対策のために、賃貸アパート経営を始めた方がいらっしゃいました。

『賃貸アパートを平成21年に建築したんだけど
減価償却がわからないから。。。』

と、いうご相談でした。

『建物は、鉄骨造りだから27年でいいでしょうか?』
この方は、建物の建築価格8000万円の全額を建物で減価償却しようと
していました。

ところが、この建物の工事明細を紐解くと
空調設備、衛生設備、給排水設備、その他にも建物附属設備として
減価償却できる項目が多くありました。

これらの建物附属設備が仮に耐用年数15年とすると、
明らかに減価償却費の計上額が増加し所得税の節税になります

そして留保できた資金を15年後のリフォーム資金に充当する
ことが出来ます。

このように、不動産賃貸業の決算書は
建築初年度の減価償却の計上をできるだけ細かく
正しく行うかどうかで、長期的に資金繰りに影響します。

ご注意ください

2010年02月11日  公認会計士・税理士:近江清秀

Yahoo!ブックマークに登録  グーグルブックマーク  はてなブックマーク  ライブドアクリップ 

|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!