税金Q&A 同一年中に複数の者に贈与した場合  | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 同一年中に複数の者に贈与した場合

税金Q&A

同一年中に複数の者に贈与した場合
【Q】

甲は7ヘクタールの農地について30年間にわたって農業経営を行ってきましたが、その農地のうち2ヘクタールを平成○年3月に長男A(高校卒業後 引き続き3年以上農業に従事)に、残余の農地を同年10月に次男B(高校卒業後引き続き3年以上農業に従事)にそれぞれ贈与しました。
この場合、Bは、贈与税の納税猶予の特例の適用を受けることができますか。

【A】

贈与税の納税猶予の特例は、農地等の贈与者が贈与をした日の属する年において他に農地等の贈与をしていないことなど条件として認められるものです。したがって、A・Bの両名はいずれも贈与税の納税猶予の特例を受けることはできません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!