税金Q&A 区分地上権に準ずる地役権の意義  | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 区分地上権に準ずる地役権の意義

税金Q&A

区分地上権に準ずる地役権の意義
【Q】

財産評価基本通達上の区分地上権に準ずる地役権とは、どのようなものをいうのでしょうか。

【A】

財産評価基本通達上の区分地上権に準ずる地役権とは、特別高圧架空電線の架設、高圧のガスを通ずる導管の敷設、飛行場の設置、建築物の建築その他 の目的のため地下又は空間について上下の範囲を定めて設定された地役権で、建造物の設置を制限するものをいい、登記の有無は問いません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!