所得税の源泉徴収制度について Ⅲ源泉所得税の納税地 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 所得税の源泉徴収制度について Ⅲ源泉所得税の納税地

源泉所得税関係情報

所得税の源泉徴収制度について

Ⅲ源泉所得税の納税地

1 納税地
源泉徴収義務者が源泉徴収した所得税は、その納税地の所轄税務署に納付することになります。この場合の納税地は、次の2に掲げる所得に対するものを除き、源泉徴収の対象とされている所得の支払事務を取り扱う事務所や事業所等のその支払の日における所在地とされています(所法17)


したがって、例えば、本店の使用人等に対する給与の支払事務はその本店で取り扱い、支店の使用人等に対する給与の支払事務はその支店で取り扱っているような場合には、その支払事務を取り扱っている本店や支店の所在地が、それぞれその支払う給与に対する源泉所得税の納税地であり、その納税地の所轄税務署に源泉所得税を納付することになります。

2 納税地の特例
次に掲げる所得に対する源泉所得税については、それぞれ次に掲げる所在地が、その納税地となります(所法17、所令55、措令2の2④、3の2④、4③、4の5③、25の10の11⑦、26の10②、27①)。

(1) 国債の利子...日本銀行の本店の所在地

(2) 地方公共団体又は内国法人の発行する債券の利子...その地方公共団体の主たる事務所又は内国法人の本店若しくは主たる事務所の所在地

(3) 内国法人(所得税法第6条の3第1号の規定により内国法人とされる同条に規定する受託法人を含みます。)の支払う所得税法第24条第1項に規定する剰余金の配当、利益の配当、剰余金の分配等...その内国法人の本店又は主たる事務所の所在地

(4) 所得税法第17条に規定する受託法人の支払う法人課税信託の収益の分配...その法人課税信託の受託者の次の区分に応じそれぞれ次の場所
イ 個人  その者の国内にある事務所、事業所その他これらに準ずるものの所在地(これらが二以上ある場合には、主たるものの所在地)
ロ 内国法人 その内国法人の本店又は主たる事務所の所在地
ハ 外国法人 その外国法人の国内にある主たる事務所の所在地

(5) 投資信託(委託者指図型のものに限ります。)の収益の分配(⑷の収益の分配に該当するものを除きます。)...その信託の受託者である信託会社の本店又は主たる事務所の所在地(その信託会社が外国法人である場合には、その信託会社の国内にある主たる事務所の所在地)

(6) 特定受益証券発行信託の収益の分配...その信託の受託者である法人の本店又は主たる事務所の所在地(その法人が、外国法人である場合は、その法人の国内にある主たる事務所の所在地)

(7) 国外において支払われる国内源泉所得のうち、組合契約事業から生ずる利益の配分、土地等の譲渡による対価、人的役務の提供事業の対価、不動産の貸付け等による対価、貸付金の利子、工業所有権等の使用料又はその譲渡の対価、給与その他人的役務の提供に対する報酬・公的年金等・退職手当等、事業の広告宣伝のための賞金、生命保険契約・損害保険契約等に基づく年金、定期積金の給付補てん金等及び匿名組合契約等に基づく利益の分配...その国内源泉所得の支払者の国内にある事務所等の所在地
ただし、租税条約の規定により租税が免除される免税芸能法人等が、国外において支払う芸能人等の役務提供報酬については、免税芸能法人等に対し芸能人等の役務提供の対価を支払う者の国内にある事務所等の所在地

(8) 法人税法第141条第1号に掲げる外国法人の発行する債券の利子のうち当該外国法人の同号に規定する事業を行う一定の場所を通じて国内において行う事業に帰せられるもの又は同条第2号若しくは第3号に掲げる外国法人の発行する債券の利子のうちこれらの外国法人のこれらの号に規定する事業に帰せられるもの...その外国法人の国内にある主たる事務所の所在地

(9) 役員に対する賞与でその支払確定後1年を経過した日までに支払がないため、同日において支払があったとみなされるもの...同日においてその支払をするとしたならば、その支払事務を取り扱うと認められるその支払者の事務所等の所在地

(10) 国外公社債等の利子等、国外投資信託等の配当等及び国外株式の配当等... 国内の支払の取扱者のその支払事務を取り扱う事務所や事業所等の所在地

(11) 特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等...上場株式等の譲渡の対価等の支払をする金融商品取引業者等の営業所の所在地

(12) 割引債の償還差益...割引債の発行者の本店又は主たる事務所の所在地(その割引債が、国債である場合には日本銀行の本店の所在地、外国法人が発行したものである場合には当該外国法人の国内にある主たる事務所の所在地)

3 納税地に関する届出
(1)「給与支払事務所等の開設届出書」の提出
給与の支払者は、次に掲げる事実が生じた場合には、その事実が生じた日から1か月以内に「給与支払事務所等の開設届出書」を、その給与支払事務所等の所在地の所轄税務署長に提出することになっています(所法230、所規99)。
イ 新たに給与の支払事務を取り扱う事務所等を設けたこと(例えば、法人の設立、支店や営業所の開設等)。
ロ 支店、営業所等で新たに給与の支払事務を取り扱うこととなったこと。
(注)個人が新たに事業を始めたり、事業を行うための事務所などを設けたりした場合には、別に「個人事業の開業等届出書」を所轄税務署長に提出することになっていますので(所法229)、「給与支払事務所等の開設届出書」を提出する必要はありません(所法230)。
(2)「給与支払事務所等の移転(廃止)届出書」の提出
給与の支払者は、次に掲げる事実が生じた場合には、その事実が生じた日から1か月以内に「給与支払事務所等の移転(廃止)届出書」を、その給与支払事務所等の所在地の所轄税務署長に提出することになっています(所法230、所規99)。
イ 解散や廃業、休業等により給与の支払がなくなったこと。
ロ 支店や営業所等では給与の支払事務を取り扱わなくなったこと。
ハ 給与の支払事務を取り扱う事務所等を移転したこと。
(注)給与の支払事務を取り扱う事務所等を移転した場合には、移転前及び移転後のそれぞれの納税地の所轄税務署長にこの届出書を提出することになっています(所規99)。また、個人の事業者が事業を行う事務所等を移転したり廃止した場合には、「個人事業の廃業等届出書」を所轄税務署長に提出することになっていますので(所法229)、「給与支払事務所等の移転(廃止)届出書」を提出する必要はありません(所法230)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!