給与所得の源泉徴収事務 5給与所得者が源泉徴収義務者に提出する申告書2 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 給与所得の源泉徴収事務 5給与所得者が源泉徴収義務者に提出する申告書2

源泉所得税関係情報

給与所得の源泉徴収事務

5給与所得者が源泉徴収義務者に提出する申告書2

2 「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」
この申告書は、2以上の給与の支払者から給与の支払を受ける人で、主たる給与の支払者から支給されるその年中の給与の金額(給与所得控除後の給与等の金額)が次の①と②の金額の合計額に満たないと見込まれる人が、主たる給与の支払者以外の給与の支払者(この支払者を「従たる給与の支払者」といいます。)のもとで配偶者控除や扶養控除を受けるために提出するものです(所法195①)。


① 主たる給与の支払者から支給される給与につき控除される社会保険料等の額


② その人の障害者控除額、寡婦(寡夫)控除額、勤労学生控除額、配偶者控除額、扶養控除額及び基礎控除額の合計額


なお、主たる給与の支払者に申告した控除対象配偶者や扶養親族を年の中途で従たる給与の支払者に申告替えすることはできますが、従たる給与の支払者に申告した控除対象配偶者や扶養親族を年の中途で主たる給与の支払者に申告替えすることはできません(所基通194・195−5)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!