退職所得の源泉徴収事務 Ⅲ退職所得の課税年分 5 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 退職所得の源泉徴収事務 Ⅲ退職所得の課税年分 5

源泉所得税関係情報

退職所得の源泉徴収事務

Ⅲ退職所得の課税年分 5

5 年金に代えて支払われる一時金で退職所得とされるもの(Ⅱの5及びⅡの7の退職手当)

給付事由が生じた日


なお、例えば、次の場合のように一の勤務先を退職することにより2以上の退職手当の支払を受ける権利を有することとなる場合には、これらの退職手当は最初に支払を受けるべきものの支払を受けるべき日の属する年分の退職所得とされます(所令77、所基通36−11)。


(1)勤務先を退職することにより、その勤務先から退職手当の支払を受けるほか、共済組合等からも退職一時金等を受けることとなる場合


(2)退職により退職手当の支払を受けた人が、その後退職給与規程の改訂等により退職手当の差額の支払を受けることとなる場合

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!