退職所得の源泉徴収事務 Ⅴ退職所得に対する源泉徴収 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 退職所得の源泉徴収事務 Ⅴ退職所得に対する源泉徴収

源泉所得税関係情報

退職所得の源泉徴収事務

Ⅴ退職所得に対する源泉徴収

居住者に対し国内において退職手当の支払をする者(常時2人以下の家事使用人のみに対し給与の支払をする者を除きます。)は、その支払の際に源泉徴収をしなければなりません(所法199、200)。


なお、退職手当に対する所得税の源泉徴収は、原則として「退職所得の源泉徴収税額の速算表」により行いますが、支払を受ける人から「退職所得の受給に関する申告書」の提出がない場合には、その退職手当の支払金額につき20%の税率によって源泉徴収を行います(所法201③)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!