公的年金等の源泉徴収事務 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 公的年金等の源泉徴収事務

源泉所得税関係情報

公的年金等の源泉徴収事務

公的年金等の源泉徴収事務

公的年金等の所得区分は雑所得とされていますが、この公的年金等については、通常、経済的稼得力が減退する局面にある人の生計手段とするために給付されるものであること等を考慮して、通常の雑所得とは異なった所得金額の計算方法が採用されています。


このため、源泉徴収の方法についても、公的年金等の性質に即した仕組みとなっています。


また、公的年金等の受給者については、給与所得のような年末調整も行わないこととされており、生命保険料控除、地震保険料控除などは源泉徴収の段階で控除できないこととされているため、源泉徴収された税額とその年に納付すべき税額との差額については、確定申告で精算することになります。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!