報酬・料金等の源泉徴収事務 Ⅰ居住者に支払う報酬・料金等に対する源泉徴収 8 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 報酬・料金等の源泉徴収事務 Ⅰ居住者に支払う報酬・料金等に対する源泉徴収 8

源泉所得税関係情報

報酬・料金等の源泉徴収事務

Ⅰ居住者に支払う報酬・料金等に対する源泉徴収 8

8 第204条第1項第8号の賞金
(所法205、所令320⑦、321、322、所基通204−31〜204−34)

区分 左の報酬・料金に該当するもの

源泉徴収する

所得税の額

左の報酬・料金に類似

するが該当しないもの

事業の広告宣伝のための賞金

事業の広告宣伝のために賞として支払う金品その他の経済上の利益
(例)いわゆる素人のど自慢放送、クイズ放送の出演者に対し、番組のスポンサー等から支払われる賞金品等
(注)
1 「事業の広告宣伝のために賞として支払う金品その他の経済上の利益」とは、事業を営む者が商品又は事業の内容等を広く一般に知らせ顧客を誘引するために支払う賞金品等をいい、事業を営む者が自己の事業の広告宣伝のために直接支払うもののほか、次に掲げるものもこれに含まれます。 

(1)商店会、同業組合等の業者団体がその
所属する事業者の営む事業の広告宣伝のために支払う賞金品等

(2)事業を営む者又は事業を営む者の組織する団体から寄贈(低額譲渡を含みます。)を受けた者が支払う賞金品等で、その寄贈者の事業の広告宣伝のために支払うものと認められるもの

(左の賞金品の額−控除金額※)×10%
※ 控除金額…… 同一人に対し1回に支払われる賞金品の額について、50万円
(1)旅行その他の役務の提供を内容とする経済上の利益で金品との選択をすることができないもの
(2)次に掲げる賞金品等で、その寄贈者等の事業の広告宣伝のための賞金品等であると認められるもの以外のもの
イ  社会的に顕彰される行為、業績等を表彰するために支払う賞金品等で、社会通念上それが支払者の営む収益事業と密接な関連があると認められないもの
ロ  使用者が自己の使用人等を対象とし、又は団体が自己の構成員を対象として、その使用人等又は構成員の勤務、業務、競技、演技等の成績を表彰するために支払う賞金品等
ハ  行政官庁又はその協力団体が行政上の広報を目的として支払う賞金品等
2 賞金品が物品で支払われる場合の評価は、次によります(所基通205−9)。
(1)公社債券、株券又は貸付信託、投資信託若しくは特定目的信託の受益証券…支払われることとなった日の価額
(2)商品券…券面額
(3)貴石、貴金属、真珠、さんご等やこれらの製品又は書画、骨とう、美術工芸品…支払われることとなった日の価額
(4)土地又は建物…支払われることとなった日の価額
(5)定期金に関する権利又は信託の受益権…相続税法又は財産評価基本通達(昭39直資56)に定めるところに準じて評価した価額
(6)生命保険契約に関する権利…支払われることとなった日においてその契約を解除したとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額(解約返戻金のほかに支払われることとなる前納保険料、剰余金の分配等がある場合には、これらの金額との合計額)。ただし、その契約の保険料でその後に支払うこととなっているものをその権利の支払者において負担する条件が付けられている場合には、その負担することとなっている金額につき(5)に準じて評価した金額を加算した金額
(7)その他のもの…… 通常の小売価額(現金正価)の60%相当額
馬主に支払われる競馬の賞金 馬主に対し競馬の賞として支払われる金品のうち、金銭で支払われるもの (左の賞金の額−控除金額※ ) ×10%
※ 控除金額…… 同一人に対し1回に支払われる賞金の金額について、その賞金の額の20%相当額と60万円との合計額
副賞として交付される賞品

(注)同一人に対し2以上の者が共同して賞金を支払う場合には、これらの者のうち授賞等の事務を主宰している者が源泉徴収を行うこととされています。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!