報酬・料金等の源泉徴収事務 Ⅱ内国法人に支払う報酬・料金等に対する源泉徴収 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 報酬・料金等の源泉徴収事務 Ⅱ内国法人に支払う報酬・料金等に対する源泉徴収

源泉所得税関係情報

報酬・料金等の源泉徴収事務

Ⅱ内国法人に支払う報酬・料金等に対する源泉徴収

内国法人に対して、国内において次の表に掲げる報酬・料金等を支払う者は、次の表の算式によって計算した額の所得税を源泉徴収しなければなりません(所法174十、175、212③、213②、所令298⑨、299、所基通174−9)。

区分 左の報酬・料金に該当するもの 源泉徴収する所得税の額 左の報酬・料金に類似するが該当しないもの
馬主に支払われる競馬の賞金 内国法人である馬主に対し競馬の賞として支払われる金品のうち、金銭で支払われるもの (左の賞金の額−控除金額※ ) ×10%
※控除金額…同一人に対し1回に支払われる賞金の金額について、その賞金の額の20%相当額と60万円との合計額
副賞として交付される賞品
※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!