特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等の源泉徴収事務 1特定口座の意義 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等の源泉徴収事務 1特定口座の意義

源泉所得税関係情報

特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等の源泉徴収事務

1特定口座の意義

「特定口座」とは、居住者等が、上記の特例の適用を受けるために、金融商品取引業者等の営業所(国内にある営業所又は事務所をいいます。)に対し、「特定口座開設届出書」を提出して、その金融商品取引業者等との間で締結した一定の事項が定められた「上場株式等保管委託契約」又は「上場株式等信用取引等契約」に基づき設定された上場株式等の振替口座簿への記載若しくは記録若しくは保管の委託又は上場株式等の信用取引等に係る口座(これらの契約に基づく取引以外の取引に関する事項を扱わないものに限ります。)をいいます(措法37の11の3③一)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!