特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等の源泉徴収事務 1源泉徴収の選択をしようとする場合の手続 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等の源泉徴収事務 1源泉徴収の選択をしようとする場合の手続

源泉所得税関係情報

特定口座内保管上場株式等の譲渡による所得等の源泉徴収事務

1源泉徴収の選択をしようとする場合の手続

その年の特定口座内保管上場株式等の譲渡等につき源泉徴収の選択をしようとする人は、その特定口座ごとにその年の次のうちいずれか早い時までに「特定口座源泉徴収選択届出書」を金融商品取引業者等に提出しなければなりません(措法37の11の4①、措令25の10の11①)。


①その年最初に特定口座内保管上場株式等の譲渡をする時
②特定口座において処理された上場株式等の信用取引等につきその年最初に差金決済を行う時


(注)

源泉徴収の選択は各年ごとに行います。また、譲渡又は差金決済ごとに源泉徴収するか否かを選択することはできません。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!