源泉徴収票及び支払調書の提出 Ⅳ報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書2 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 源泉徴収票及び支払調書の提出 Ⅳ報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書2

源泉所得税関係情報

源泉徴収票及び支払調書の提出

Ⅳ報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書2

2 次に掲げる報酬・料金などについては、1にかかわらず、支払調書を税務署長に提出する必要はありません(所規84②)。


① 診療報酬、職業拳闘家、外交員、集金人、電力量計の検針人の報酬・料金及びバー・キャバレー等のホステス、バンケットホステス・コンパニオン等の報酬・料金については、同一人に対するその年中の支払金額が50万円以下であるもの


② 広告宣伝のための賞金については、同一人に対するその年中の支払金額が50万円以下であるもの


③ 馬主が受ける競馬の賞金については、同一人に対するその年中の支払金額の全部につきそれぞれその1回の支払金額が75万円以下であるもの


④ ①、②及び③の報酬・料金以外の報酬・料金については、同一人に対するその年中の支払金額が5万円以下であるもの

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!