給与に対する源泉徴収税額の電算機計算の特例等 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 給与に対する源泉徴収税額の電算機計算の特例等

源泉所得税関係情報

給与に対する源泉徴収税額の電算機計算の特例等

給与に対する源泉徴収税額の電算機計算の特例等

給与に対する源泉徴収税額は、各種の税額表によって求めることになっていますが、その給与の支払額に関する計算を電子計算機などの事務機械によって処理している場合には、月額表の甲欄を適用する給与に限り、財務大臣が定める方法(財務省告示)によりその給与に対する源泉徴収税額を求めることができるという特例が設けられています(所法189、昭63大蔵省告示185号(平18財務省告示136号改正))。
ここでは、財務省告示による税額計算の特例の内容と、月額表の乙欄を適用する給与に対する源泉徴収税額を電算機計算により求める方法について説明することとします。


なお、以下の説明は、平成21年6月1日現在の法令等に基づいています。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!