法人区分の変更に伴う所要の調整 チェックポイント | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 法人区分の変更に伴う所要の調整 チェックポイント

法人税関連情報

法人区分の変更に伴う所要の調整

チェックポイント

事業年度が区分されたときは確定申告書の提出が必要となります(納税義務がある法人に限ります。)。


特例社団法人・特例財団法人の「該当することとなった日」は、行政庁の認定又は認可を受けた日ではなく、それぞれの移行の登記をした日となります。


消費税法においては、法人税法上の法人区分にかかわらず、すべての法人が事業者に該当しますので、その課税期間の基準期間における課税売上高が1,000万円を超える場合には、その課税期間中に収益事業部門及び非収益事業部門で行った課税資産の譲渡等について、合わせたところで申告する必要があります。


※その他詳細につきましては、「国、地方公共団体や公共・公益法人等と消費税」をご覧ください。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!