法人設立届出書の記載要領 提出部数及び添付書類等 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 法人設立届出書の記載要領 提出部数及び添付書類等

法人税関連情報

法人設立届出書の記載要領

提出部数及び添付書類等

この届出書は、次に掲げる書類を添付して1通提出してください。
なお、資本金1億円以上の内国普通法人の場合は2通提出してください。


① 定款、寄附行為、規則又は規約(以下「定款等」といいます。)の写し


② 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)又は登記簿謄本(注)1 「オンライン登記情報提供制度」を利用した場合には、(照会番号)及び(発行年月日:年月日)欄に「照会番号」及び「発行年月日」を記載してください。この場合には、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)又は登記簿謄本の添付は不要です。2 当該「照会番号」を記載して、「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」を送信(提出)した後e-Tax によりこの届出書をオンラインで提出することもできます(その他の添付書類については、別途提出していただく必要があります。)。


③ 株主又は合名会社、合資会社若しくは合同会社の社員、その他法人の出資者(以下「株主等」といいます。)の名簿(次の様式によってください。)


④ 設立趣意書


⑤ 設立の時における貸借対照表


⑥ 合併により法人を設立した場合における合併契約書の写し


⑦ 分割により法人を設立した場合における分割計画書の写し

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!