減価償却制度に関する改正 その他の改正14 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 減価償却制度に関する改正 その他の改正14

法人税関連情報

減価償却制度に関する改正

その他の改正14

特定投資信託に係る受託法人の課税の特例

(措法68の3の3①、68の111、措規22の20の3、改正法附則53)
(措法68の3の3①、68の111、措令39の35の3⑤、改正法附則53)
(措法68の3の3②③⑩、68の111②、措令39の35の3⑬、39の130)

○機関投資家の範囲に沖縄振興開発金融公庫が追加されました。

平21.4.1以後に終了する事業年度分の法人税について適用され、同日前に終了した事業年度分の法人税については、従来どおり適用されます。

○適用要件について、支払配当の額が分配可能所得の金額の90%超であることの要件が、分配可能収益の額の90%超であることとされました。

平21.4.1以後に終了する事業年度分の法人税について適用され、同日前に終了した事業年度分の法人税については、従来どおり適用されます。

○外国子会社配当益金不算入制度(法23の2)の創設に伴い、所要の整備が行われました。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!