法人税の課税の特例 中小企業者等以外の法人の欠損金の繰戻しによる還付の不適用 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 法人税の課税の特例 中小企業者等以外の法人の欠損金の繰戻しによる還付の不適用

法人税関連情報

法人税の課税の特例

中小企業者等以外の法人の欠損金の繰戻しによる還付の不適用

<改正前の制度の概要>
法人の平成4年4月1日から平成22年3月31日までの間に終了する各事業年度において生じた欠損金額については、原則として法人税法第80条第1項《欠損金の繰戻しによる還付の請求》の規定を適用することができないこととされていました。


<改正の内容>
平成21年2月1日以後に終了する各事業年度において生じた欠損金額については、上記の不適用措置の対象から中小法人等の欠損金額が除外されました。したがって、中小法人等においては、欠損金の繰戻しによる還付の請求の規定を適用できることとなりました。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!