法人税の課税の特例 連結欠損金の繰戻しによる還付請求書の記載要領2 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 法人税の課税の特例 連結欠損金の繰戻しによる還付請求書の記載要領2

法人税関連情報

法人税の課税の特例

連結欠損金の繰戻しによる還付請求書の記載要領2

2 連結欠損金の繰戻しによる法人税額の還付請求は、連結欠損金額の繰戻しの対象となる連結所得金額及び法人税額の生じた連結事業年度(以下「還付所得連結事業年度」といいます。)から、当該連結欠損金額の生じた連結事業年度(以下「欠損連結事業年度」といいます。)の前連結事業年度までの各連結事業年度について、連続して連結確定申告書を提出している場合に限って請求することができます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!