給与所得の源泉徴収票 各欄の記載要領① | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 給与所得の源泉徴収票 各欄の記載要領①

法定調書関連情報

給与所得の源泉徴収票

各欄の記載要領①

【住所又は居所】欄
受給者の平成22年1月1日(中途退職者は、退職時)現在の住所又は居所を確認して記載してください。
なお、同居又はアパートなどに住んでいる者については、「○○方」、「××荘△号」等と付記してください。


(注)

租税条約に基づいて課税の免税を受けている者については、その者から提出された条約に関する届出書を基にして、外国における住所を記載してください。


【氏名】欄
必ずフリガナをふり、受給者が法人の役員である場合には、その役職名(例えば、社長、専務、常務、取締役工場長等)を、役員でない場合にはその職務の名称(経理課長、営業係等)を併記してください。


(注)

電子計算機等で事務処理をしている事務所、事業所等において受給者番号を必要とする場合には、「受給者番号」欄を使用してください。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!