税金Q&A 1株当たりの利益金額C――固定資産の譲渡が数回ある場合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 1株当たりの利益金額C――固定資産の譲渡が数回ある場合

税金Q&A

1株当たりの利益金額C――固定資産の譲渡が数回ある場合
【Q】

類似業種比準方式により株式を評価するに当たり、評価会社の「1株当たりの利益金額C」の計算上、法人税の課税所得金額から固定資産売却益、保険差益等の非経常的な利益の金額を除外することとされていますが、固定資産の譲渡が期中に数回あり、個々の譲渡に売却益と売却損があるときは、どのようにするのでしょうか。

【A】

個々の譲渡の損益を通算し、利益の金額があれば除外することとなります。

(理由)
「1株当たりの利益金額C」 の計算の際に、非経常的な利益の金額を除外することとしているのは、評価会社に臨時偶発的に生じた収益力を排除し、評価会社の営む事業に基づく経常的な収益力を株式の価額に反映させるためです。この場合の非経常的な利益とは、臨時偶発的に生じた個々の利益の総体を指しています。
したがって、照会の場合には、個々の譲渡の損益を通算し、利益の金額があればこれを除外することになります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!