税金Q&A 1株当たりの利益金額C――種類の異なる非経常的な損益がある場合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 1株当たりの利益金額C――種類の異なる非経常的な損益がある場合

税金Q&A

1株当たりの利益金額C――種類の異なる非経常的な損益がある場合
【Q】

類似業種比準方式により株式を評価するに当たり、種類の異なる非経常的な損益がある場合(例えば、固定資産売却損と保険差益がある場合等)には、これらを通算した上で「1株当たりの利益金額C」を算定するのでしょうか。

【A】

種類の異なる非経常的な損益がある場合には、これらを通算することとなります。

(理由)
「1株当たりの利益金額C」を算定する際に除外する非経常的な利益とは、課税時期の直前期末以前1年間における利益のうちの非経常的な利益の総体をいいます。したがって、種類の異なる非経常的な損益がある場合には、これらを通算し、利益の金額があればこれを除外します。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!