税金Q&A サラリーマンが行う建物の貸付けの取扱い | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > サラリーマンが行う建物の貸付けの取扱い

税金Q&A

サラリーマンが行う建物の貸付けの取扱い
【Q】

サラリーマンが行う建物の貸付けは、課税の対象となるのでしょうか。

【A】

消費税の課税対象となる取引は、事業者が事業として行う資産の譲渡等であるから、サラリーマンが行う建物の貸付けであっても、反復、継続、独立して行われるものであり、課税対象となります。
なお、住宅の貸付けである場合は、非課税となります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!