年末調整とは 扶養控除等(異動)申告書の受理と内容の確認1 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 年末調整とは 扶養控除等(異動)申告書の受理と内容の確認1

年末調整のしかた

年末調整とは

扶養控除等(異動)申告書の受理と内容の確認1

(1)扶養控除等(異動)申告書の受理等


イ 年末調整は、先に説明したように本年最後に給与の支払をする時までに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」(以下「扶養控除等(異動)申告書」といいます。)を提出している人について行うことになっていますから、年末調整の事務を始めるに当たっては、まず、各人からこの申告書が提出されているかどうかを確かめる必要があります。


ロ この申告書は、原則として本年最初に給与の支払を受ける時までに給与の支払者に提出することになっており、また、年の中途で扶養親族の数などに異動があった場合には、その都度異動申告をすることになっています。まだ申告書を提出していない人や異動申告をしていない人についても、年末調整を行う時までに申告があれば、その申告に基づいて年末調整を行うことになっていますから、これらの申告を忘れていると思われる人については、早急に申告をするよう指導してください。特に、次のような事情で扶養親族の数などに異動があった人から、異動申告が忘れずに行われているか確認してください。
イ 本年の中途で、出生などにより扶養親族の数が増加したこと。
ロ 本年の中途で結婚し、控除対象配偶者を有することとなったこと。
ハ 本年の中途で、本人が障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生に該当することとなったこと。
ニ 本年の中途で、控除対象配偶者や扶養親族が障害者に該当することとなったこと。
ホ 本年の中途で、扶養親族であった人の就職、結婚などにより扶養親族の数が減少したこと。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!