年末調整とは 扶養控除等の内容とその確認に当たっての具体的な注意事項7 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 年末調整とは 扶養控除等の内容とその確認に当たっての具体的な注意事項7

年末調整のしかた

年末調整とは

扶養控除等の内容とその確認に当たっての具体的な注意事項7

同居老親等


老人扶養親族のうち、所得者又はその配偶者(以下「所得者等」といいます。)の直系尊属(父母や祖父母などをいいます。)で所得者等のいずれかとの同居を常況としている人をいいます。


〔注意事項〕
1 申告された老人扶養親族については、同居を常況としているかどうか等を所得者本人に確認し、同居老親等に該当する場合には、控除漏れのないように注意してください。


2 所得者等の直系尊属である老人扶養親族(以下「老親等」といいます。)が同居老親等に該当するかどうかは、年末調整を行う日の現況により判定しますが、例えば、次のような場合にはそれぞれ次のとおりとなります。


(1)所得者等と同居を常況としている老親等が、病気などの治療のため入院していることにより、所得者等と別居している場合…同居老親等に該当します。


(2)その老親等が所得者等の居住する住宅の同一敷地内にある別棟の建物に居住している場合…その人が所得者等と食事を一緒にするなど日常生活を共にしているときは同居老親等に該当します。


(3)所得者が転勤したことに伴いその住所を変更したため、その老親等が所得者等と別居している場合…同居老親等に該当しません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!