保険料控除申告書の受理と内容の確認 社会保険料控除 注意事項 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 保険料控除申告書の受理と内容の確認 社会保険料控除 注意事項

年末調整のしかた

保険料控除申告書の受理と内容の確認

社会保険料控除 注意事項

1 国民年金の保険料及び国民年金基金の掛金については、保険料等を支払ったことを証明する書類を添付する必要がありますが、それ以外の保険料等については添付の必要はありません。


2 本人が本年中に支払ったものだけが控除されるので、本年中に支払うべき保険料でまだ支払っていないものは含まれません。
また、翌年以後に納付期日が到来する保険料を一括して支払ったいわゆる「前納保険料」については、次の算式により計算した金額が本年中に支払った社会保険料となります。

前納保険料の総額(前納により割引をされた場合には、その割引後の金額)×

前納保険料に係る本年中に到来する納付期日の回数/前納保険料に係る納付期日の総回数

ただし、前納の期間が1年以内のものについては、本人がその前納保険料の全額を保険料控除申告書に記入して申告した場合には、その全額を本年の年末調整の際に控除しても差し支えありません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!