年税額の計算 扶養控除額等の合計額の計算 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 年税額の計算 扶養控除額等の合計額の計算

年末調整のしかた

年税額の計算

扶養控除額等の合計額の計算

(1)配偶者控除や扶養控除、障害者控除などについては、既に扶養控除等(異動)申告書に基づきその内容の確認を終わっていますので、各人の所得税源泉徴収簿の「扶養控除等の申告」欄の記載に従ってこれらの控除額の合計額を求め、その合計金額を所得税源泉徴収簿の「年末調整」の「配偶者控除額、扶養控除額、基礎控除額及び障害者等の控除額の合計額⑯」欄に記入します。


(2)扶養控除等(異動)申告書に基づく控除額の合計額は早見表を使って求めると便利です。


(3)平成21年分の扶養控除額等の金額は、次の表のとおりです。

控除の種類
控除額
(1)基礎控除
380,000円
(2)配偶者控除 一般の控除対象配偶者
380,000円
老人控除対象配偶者
480,000円
同居特別障害者である控除対象配偶者 一般の控除対象配偶者
730,000円
老人控除対象配偶者
830,000円
(3)扶養控除 一般の扶養親族
380,000円
特定扶養親族
630,000円
老人扶養親族 同居老親等以外の者
480,000円
同居老親等
580,000円
同居特別障害者である扶養親族 一般の扶養親族
730,000円
特定扶養親族
980,000円
同居老親等以外の老人扶養親族
830,000円
同居老親等
930,000円
(4)障害者控除 一般の障害者
270,000円
特別障害者
400,000円
(5)寡婦控除 一般の寡婦
270,000円
特別の寡婦
350,000円
(6)寡夫控除
270,000円
(7)勤労学生控除
270,000円

(注)

配偶者特別控除(最高380,000円)は、別途、所得税源泉徴収簿の「年末調整」の「配偶者特別控除額⑮」欄に記入することになっています。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!