本年最後に支払う給与についての税額計算を省略して年末調整を行う場合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 本年最後に支払う給与についての税額計算を省略して年末調整を行う場合

年末調整のしかた

本年最後に支払う給与についての税額計算を省略して年末調整を行う場合

配偶者に所得がなく、配偶者控除の適用を受ける場合

1 年間給与総額  5,870,000円
2 同上の給与に対する徴収税額  142,526円
3 控除した社会保険料等(給与控除分)  713,160円
4 支払った一般の生命保険料
支払った個人年金保険料
 50,200円
 43,000円
5 支払った損害保険料のうち地震保険料分
支払った損害保険料のうち旧長期損害保険料分
 45,000円
 なし
6 一般の控除対象配偶者(所得金額なし)  あり
7 一般の扶養親族  1人
※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!