電子計算機等による年末調整 年調給与額の算出 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 電子計算機等による年末調整 年調給与額の算出

年末調整のしかた

電子計算機等による年末調整

年調給与額の算出

本年中の給与の総額の区分に応じ、それぞれ次の表に掲げるところにより「年調給与額」を求めます。

給与の総額の区分 階差 同一階差の最小値 年調給与額の求め方
1,618,999円まで     給与の総額をそのまま年調給与額とします。
1,619,000円から
1,619,999円まで
1,000円 1,619,000円

次の算式により計算した金額を年調給与額とします。
①(給与の総額)-(同一階差の最小値)/階差

=商…余り
(この商の値は、自然数又は0とします。)
②給与の総額-①の余り=年調給与額

1,620,000円から
1,623,999円まで
2,000円 1,620,000円
1,624,000円から
6,599,999円まで
4,000円 1,624,000円
6,600,000円から     給与の総額をそのまま年調給与額とします。

〔計算例〕
◎ 本年分の給与の総額が、5,310,000円の場合
①5,310,000円-1,624,000円/4,000円=921……余り2,000円
②5,310,000円-2,000円=5,308,000円………………年調給与額

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!