認定NPO法人制度 実績判定期間内の各事業年度におけるPSTの割合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 認定NPO法人制度 実績判定期間内の各事業年度におけるPSTの割合

認定NPO法人制度

認定NPO法人制度

実績判定期間内の各事業年度におけるPSTの割合

 

改正前 10分の1以上 → 改正後 廃止

 

パブリック・サポート・テスト(PST)の割合とは
経常収入金額のうちに寄附金等収入金額の占める割合のことをいいます。


実績判定期間における 寄附金等収入金額/経常収入金額 ≧ 1/5

 

 

※今回の改正により、PSTの割合は、実績判定期間における割合のみで判定することとなります。
「経常収入金額」及び「寄附金等収入金額」については「PSTに関する改正のポイント」に掲載しています。


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。

|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!