認定NPO法人制度 受入寄附金総額から控除する一者当たり基準限度超過額 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 認定NPO法人制度 受入寄附金総額から控除する一者当たり基準限度超過額

認定NPO法人制度

認定NPO法人制度

受入寄附金総額から控除する一者当たり基準限度超過額

 

① 同一の者からの寄附金の合計額のうち受入寄附金総額の
改正前 100分の5相当額を超える部分の額 → 改正後 100分の10相当額を超える部分の額


※特定公益増進法人又は認定NPO法人からの寄附金については、受入寄附金総額の100 分の50 相当額を超える部分の額となります。


② 社員からの寄附金
その親族等(注1) からの寄附金を同一の者からの寄附金とみなす規定は、適用しない。
具体例については「PSTに関する改正のポイント」に掲載しています。

 

注1:その配偶者及び三親等以内の親族並びに当該社員と婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者など特殊の関係のある者のことをいいます。


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。

|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!