税金Q&A 事務処理の委託を受ける業の範囲(団体保険に関する事務) | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 事務処理の委託を受ける業の範囲(団体保険に関する事務)

税金Q&A

事務処理の委託を受ける業の範囲(団体保険に関する事務)
【Q】

公益法人等の行う団体保険に関する事務処理は、収益事業に該当しますか。


【A】

事務処理の受託に係る業務として収益事業たる請負業に該当します。

(理由)
団体定期保険に係る事務を処理したことに起因して事務費の支払を受けるものですから、その事務費は、その処理を行ったことに対する報酬であって、事務処理の受託に係る収入と認められます。
なお、当該事務費は保険会社から支払われますが、保険会社の事務を軽減したことに対しての報酬として支払われたと認められ、仮にそうでないとしても、当 該団体定期保険の被保険者集団が団体定期保険に係る事務処理に対する報酬として負担すべき費用を保険会社が代わって負担したと認められます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!