税金Q&A ガス爆発事故に伴い被害者が受領する損害賠償金等 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > ガス爆発事故に伴い被害者が受領する損害賠償金等

税金Q&A

ガス爆発事故に伴い被害者が受領する損害賠償金等
【Q】

レクリエーション施設がガス爆発事故を起こしたため、施設所有者であるA社から負傷者等に対して次の損害賠償金等が支払われました。これらの金品は、課税上どのように取り扱われますか。

① 負傷者に対する支払…医療関連費用、慰謝料

② 遺族に対する支払……葬儀関連費用、慰謝料、損害賠償金


【A】

心身に加えられた損害につき支払を受ける損害賠償金等として非課税とされます。
ただし、負傷者に対する支払のうち、医療関連費用については、医療費の補てんを目的として支払を受ける損害賠償金であることから、医療費控除の対象となる医療費の金額から除かれます(所得税基本通達73-8(3))。
なお、遺族に対する慰謝料は、遺族固有の請求権に基づいて支払われるものとして、相続税の課税対象とはされません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!