税金Q&A がん保険の健康回復給付金 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > がん保険の健康回復給付金

税金Q&A

がん保険の健康回復給付金
【Q】

A社の女性専用特定がん保険は、子宮がん等の女性特有のがん(以下「特定がん」といいます。)により入院し又は手術を受けた場合に、入院給付金、手術給付金のほか、次の「健康回復給付金」が支給されます。
この健康回復給付金は、所得税法上、非課税として取り扱って差し支えありませんか。

《健康回復給付金の概要》
被保険者が特定がんにより入院した後、療養するために退院したとき及び退院日から2年間退院日の3か月毎の応当日に生存しているときに15万円を支給する(2年間合計120万円)。


【A】

非課税所得として取り扱って差し支えありません。

健康回復給付金は、次の理由から非課税所得として取り扱って差し支えありません。

① 本件給付金は、被保険者が特定がんと診断されている場合に限って支払われるものであること。

② 本件給付金は、退院後のリハビリ費用、検診費用、家事代行費用等の補てんを行うものとすれば、従来の在宅療養費給付金(一時金として支払われ、非課税扱いとされている。)を3か月毎に分割して支払うものと変わりがないこと。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!