税金Q&A 還付加算金の収入すべき時期 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 還付加算金の収入すべき時期

税金Q&A

還付加算金の収入すべき時期
【Q】

還付加算金の期間計算に誤りがあり、還付加算金の額に不足が生じていることが判明したため、不足分の還付加算金を受領することとなりました。
当初の還付加算金は受領済ですが、今後支払を受ける追加分の還付加算金は、いつの年分の所得となりますか。


【A】

追加分の還付加算金については、その支払を受けた日の属する年分の雑所得の総収入金額に算入されます。

1 国税通則法第58条第1項《還付加算金》の規定により支払を受ける還付加算金は、所得税法上雑所得として取り扱っています(所得税基本通達35-1(5))。
また、還付加算金の収入すべき時期は、その支払を受けた日として取り扱っています(所得税基本通達36-14(2))。

2 不足分については、改めて支払決定が行われることから、当初の還付加算金の支払を受けた日(年分)にかかわらず、不足分に係る支払を受けた日の属する年分の雑所得の総収入金額に算入されます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!