税金Q&A 事業用固定資産の取得に伴う生命保険契約の保険料 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 棚卸資産たる土地を譲渡担保に提供した場合の取扱い

税金Q&A

棚卸資産たる土地を譲渡担保に提供した場合の取扱い
【Q】

物品販売業を営むAはその事業用建物(店舗)を取得(改築)するために金融機関から融資を受けましたが、融資条件が保証人をたてるか、一定の担保を提供するか又は貸主(金融機関)を受取人とする生命保険契約を締結することとされました。
このため、次のような掛け捨ての生命保険契約を締結しましたが、この保険料は事業所得の必要経費となりますか。
被保険者………A
保険金受取人…金融機関
保険期間………借入期間と同じ。
保険金額………借入残高(期間に応じて逓減します。)


【A】

事業所得の必要経費として取り扱って差し支えありません。

本件の保険料は、事業の用に供する固定資産の取得のために締結した保険契約に係るものですから、借入金利息と同様に事業の遂行上必要な費用と考えられます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!