税金Q&A 貸家の火災に伴い所有者が類焼者に支払う損害賠償金 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 貸家の火災に伴い所有者が類焼者に支払う損害賠償金

税金Q&A

貸家の火災に伴い所有者が類焼者に支払う損害賠償金
【Q】

Aは貸家の貸付け(事業的規模ではありません。)を行っていましたが、その貸家が原因不明の失火により焼失するとともに、近隣の10軒を類焼しました。このため、Aは同貸家の所有者として入居していた賃借人とともに、類焼者に対して損害賠償金を支払いました。
この損害賠償金は雑損控除の対象となりますか。


【A】

原因不明の失火であることから、所有者についても責任が生ずると認められるため、災害に直接関連して支出した金額として雑損控除の対象となります(所有者として損害賠償責任を負う部分に限ります。)。
なお、雑損控除の対象としないで、不動産所得の金額の計算上必要経費に算入することもできます(所得税基本通達72-1)。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!