税金Q&A 訪問介護の居宅介護サービス費 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 訪問介護の居宅介護サービス費

税金Q&A

訪問介護の居宅介護サービス費
【Q】

介護保険給付の対象となる訪問介護の居宅介護サービス費に係る自己負担額は、医療費控除の対象となりますか。


【A】

「居宅サービス計画」に基づいて、医療系サービスと併せて利用する場合の訪問介護の居宅介護サービス費用に係る自己負担額(介護保険給付の対象となるものに係る自己負担額に限ります。)は、医療費控除の対象となります。

訪問介護(ホームヘルプサービス)は、居宅要介護者に対し、その者の居宅において、介護福祉士等により行われる①入浴、排せつ、食事等の介護、②調理、洗濯、掃除等の家事、③生活等に関する相談及び助言その他の居宅要介護者に必要な日常生活上の世話です(介護保険法第8条第2項、介護保険法施行規則第5条)。
在宅療養の世話の費用については、医療費控除の対象と取り扱っており、介護保険法に定める「居宅サービス計画」に基づいて、医療系サービスと併せて利用 する場合の、訪問介護の居宅介護サービス費用に係る自己負担額(介護保険給付の対象となるものに係る自己負担額に限ります。)は、医療費控除の対象となり ます。
なお、指定居宅サービス事業者が利用者に対して発行する領収証には、医療費控除の対象となる金額が記載されることとなっています。

(注)居宅要支援者が「介護予防サービス計画」に基づいて、医療系サービスと併せて利用する場合の介護予防訪問介護の介護予防サービス費に係る自己負担額についても、同様の取扱いとなります(介護保険法第8条の2第2項、介護保険法施行規則第22条の3)。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!