税金Q&A 注射器の購入費用 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 注射器の購入費用

税金Q&A

注射器の購入費用
【Q】

糖尿病のため通院中の患者がインシュリンを注射するための注射器の購入費用は、医療費控除の対象になりますか。


【A】

一定の場合の注射器の購入費用は、医療費控除の対象となります。

医療用器具などの購入費用で医療費控除の対象となるものは、医師等による診療等を受けるため直接必要なものであることが必要です(所得税基本通達 73-3)。このため、インシュリンの注射器の購入費用が医療費控除の対象になるといい得るためには、その費用の支出が医師等による診療等を受けるため直 接必要なものであるといえることが必要になります。
糖尿病の治療に当たっては、医師による治療の一環としてインシュリンを注射することが必要とされる場合があり、医師による治療中、患者は当該医師の指示に基づいて自らインシュリンを注射することも行われています。
この場合の医師の指示は、当該医師が治療を行う上で直接必要と判断したことによるものと考えられます。そうであるとすれば、患者がインシュリンの注射を することは、医師による治療を受けるために直接必要な行為であり、当該注射をするための注射器の購入費用の支出は、医師による治療を受けるため直接必要な 支出であるといえます。
したがって、このような場合の注射器の購入費用は、医療費控除の対象となります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!